小6の授業中にコピー機を使用していた最中に、突然電気が落ちました。

クーラーを強力に使用していた中での電気のダウンだったので、室内のブレーカーが落ちたのかと思い確認しましたが、全て「ON」になっていました…

廊下の電気は動いている…

明らかに塾の室内だけ…

その時の私の力でできることは尽きました。

この猛暑の中、室内の気温は高まるばかり。

電気が落ちたと言うことは、換気扇も空気清浄機も使用できないので、コロナ禍において3密状態になっている。

塾生の健康のことを考えて、授業は途中で打ち切りにさせていただきました。

3年前の地震の教訓を活かして用意した蓄電池たちは、猛暑の中では役に立ちませんでした…

その後、ある保護者様からいただいたアドバイスをもとにして、北電の専門の窓口に電話をかけたら…

技術者の到着まで1〜2時間かかるかもしれないとのことでした。

その電話のやりとりをしていたのが17時半過ぎ。

復旧まで1時間ならまだしも、2時間なら中2の生徒たちが塾に来ても暑さでやられてしまう…

自宅からzoomで授業を行なうことを決め、中2の保護者様に連絡を入れて

塾内留学の休講の連絡を入れ

フィリピン側にも連絡し

高校生に教室閉鎖の連絡を入れ終わったその時!

北電の技術者の方が到着!

18時20分。

さあ!どうなるのか?

私は自宅にタブレットを持って帰る準備をし、

救援来てくれた妻は何かゴソゴソしていた

その時!

パチッ!!

おっ!

明るくなった!!

クーラーの涼しい風が当たっている!

復旧!

18時25分。

えー!!

こんな簡単に復旧した。

どこが原因なの???

???

???

???

???

答えは

外にあるブレーカーが落ちていた

とのことでした。

え??

外にもブレーカーがあるの??

初めて知りました。

やっぱり

クーラーをガンガン回して

プロジェクターで授業をしているときに

コピー機を回してしまった

電気の使いすぎだと言われました。

昨年はこんなことにならなかったんですよ?

なぜ???

あっ!クーラーは過去最高レベルに回してしまいました…

プロジェクターは、昨年のものよりも明るくなりましたから

W数も増えているでしょう。

まずは、クーラーを適度に使わないといけませんね。

大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。

中2の授業を教室で行おうか否か迷いましたが、

涼しい教室で受講したいと言う方もいるかもしれないと思い、

直前ではありましたが、復旧の連絡を入れさせていただきました。

教室は3名のみの受講でしたが、授業自体は行うことはできました。

理科の一問一答は延期にしましたが…

講習会前でよかった…