中2

昨日は多くの子たちが自習室を利用。

塾の宿題に

ルーティンワークに

大忙し。

その懸命な姿は素晴らしい。

でもね…

発見しちゃった。

ルーティンワークの弱点克服プリントを解くことなしに

次のルーティンワークに取りかかっている人がいたことを。

弱点克服プリントに取りかかって

弱点を克服しないと

次のルーティンワークを解いたって

また同じところを間違えるでしょ?

与えられた宿題の「こなし作業」に入った瞬間に

勉強の本来の意義から遠い勉強になるんだよな。

勉強の本来の意義は?

「できない」を「できる」にする。

中2生たちよ。

来年は受験生だ。

この点に気づかない限り、

成績の上昇は遠いよ。

私ももっと目を光らせないと…