メンタリストDaiGoさんの著書を読んでいて

面白いことが書かれていました。

引用すると

次の日にやるべき勉強を寝る前に5分だけ書き出した学生は、いつもより学習内容を思い出しやすくなり、眠りにつくまでの時間が平均で9分ほど早く鳴っていました。

たった9分と思われるかもしれませんが、この数字は睡眠薬を使ったときの改善レベルと大差がありません。つまりToDoリスト作りには、薬と同じ暗いの効果があることになります。

近年の睡眠科学は、夜中にうまく眠れない人が多いことについて、「翌日への不安感」がその大きな原因の1つであると考えています。

「超効率 勉強法」メンタリストDaiGo

「なかなか寝付くことができな〜い」

との声をよく耳にしますが、

寝る前に夢日誌を書いてみるのはいかがでしょうか?

夢日誌の「今日やるべきこと」は

日記ではないですからね。

あれは、立派なToDoリスト

計画ですからね。

成績を上げている子の夢日誌は

やるべきことがしっかり書かれていますよ。

それだけ、

未来を思い描く訓練をしている証拠ですし、

その時に思考力を働かせているんですよね。

普段から思考力を訓練していると

当然勉強にも活かされる訳です。

そういう細かいことの積み重ねで

思考力の差が開いていくものですよ。