これは、小学生を対象に

月1回、月初めに必ず書いてもらっている。

夢日誌に記入欄がある。

夢のマスターリストには

将来の夢

今食べたいもの

今欲しいもの

今行きたいところ

今なりたい自分の姿

ありとあらゆる欲求を書いてもらっている。

「そんなの簡単じゃね?」

そう思ったあなた

今からお手元にある手帳に

書いてみてください。

訓練されていないと

意外と書けないものですよ。

塾生たちを見ても

これは分かれるところだ。

書ける人は7分間に40個ほど書いている。

しかし、

書けない人は7分間に1、2個くらいかな。

訓練すれば書けるんだけれども。

これは、欲求を喚起させる訓練だ。

勉強は、させられるものではない。

なりたい自分に近づくための行動だ。

強烈に

「なりたい!!!」

って思わないと、

続かないでしょ〜

あの苦痛を伴う行動は。

成長の味を味わってしまえば

さらに挑戦したくなるものだけれども

やはり、学力向上の土台には

本人の目的意識と明確な目標がなければ

成果に結びつかないんだよね。

北野立志塾には

生徒が自ら進んで勉強に向かうきっかけが

たくさんある。