今年に入ってからお問い合わせをしてくださった方のうち

何人かの方から

「ひばりが丘周辺に

個人塾ってあまりないですよね?」

とお話されました。

たしかに…。

わたしが北野立志塾を開校した2015年には

ここ以外に4校ありました。

それが

2015年に1校

2017年に1校

2018年に1校

2019年に1校

畳まれたんですよ。

北野立志塾が開校したために

閉校に追いやられたわけではないですよ、間違いなく!

なぜなら、それらの塾が閉校するタイミングで

うちの塾にお問い合わせをいただいたことは

なかったんです。

2017年以降は

すでに中学部での募集を停止していたことも

一因でしょうが…。

個人塾って何がいいのか?

わたしは、

塾に最終的に求められるものは

コンテンツとか設備とかではなく

生徒の成績や能力をしっかり引き出す指導者

だと思っています。

北野立志塾には、

極小規模ながら

様々なICT機器を利用したコンテンツがあると自負していますが

最大の売り物は何か?と問われれば

間違いなく

「塾長の北野自身です」

と答えるでしょう。

独立して塾を開校する方は

間違いなく皆さん「塾大好き人間」です。

それはわたしも含めて。

そして、それぞれの先生が

それぞれの持ち味・売りを持っていて

それによって、地域貢献をしようとしているのです。

大手塾の強みは?

自分の得意分野を押し出して

組織で対応する点です。

でも、大手塾って異動があるんですよね、

講師の。

せっかく慣れた先生が、

別の教室に移ってしまうのは、

やっぱり寂しいし、

次に担当になる先生が

自分に合った授業をしてくれるかどうか

不安ですよね。

その点、北野立志塾のような個人塾は

先生の異動は基本的にありませんから、

その生徒をずっと指導していくことができます。

わたしも、4年前の開校ですから

すでに4年間指導している生徒がいます。

その子の得意・不得意もわかっていますから、

長期スパンで指導できますよね。

わたしは思う。

もっと個人塾が世間に認知されるようにしたい。

わたしが個人塾の厚別区代表の気持ちで

その良い部分を活かして

生徒たちの能力開花に貢献したい。

「そろそろ塾に通わせないと…

塾はどこがいいの??

とりあえず大手だよねー」

から

「そろそろ塾に通わせないと…

うちの子に合う個人塾の先生は

誰だろう?」

と考えていただけるようにしたい。