毎日中学生がテスト対策で自習に来ています。学校ワークを何度も反復したり、塾で用意しているプリントで解けなかった問題をコピーして、これもまた何度も反復して解けるようにしています。

今日、ある生徒が英語・理科・社会の一問一答テストを受験に来ました。実はこれは再試験であり、最初のテストでは不合格になっています。

今日は部活が終わってから塾に来て、ひたすらそれぞれの教科のテストをクリアできるように必死に暗記していました。ちなみに、北野立志塾のテスト対策では、英単語・理科・社会の一問一答テストの合格基準は

満点

です。これは、当たり前です。頭の中に必要な用語を叩きこまない限り、思考問題で点数をとることができません。英単語を知らずに長文問題を解くことができません。

初回のテストでは、不安な気持ちを抱えて受験しているように見えましたが、今日テストを終えて私のところに採点の依頼に来た時、

「これは絶対に満点です!」

と言い切っていました。私は採点しながら、「すごい自信だね」と言ったら、その生徒は「今回は猛練習したし、テストを解いているときもスラスラ解ける感覚があって、今までとは全然違いました。」と応えていました。そして、実際に一発満点合格でした!

テストで結果を出すためには、学校や塾での小テストで自信をもって満点をとれるくらい対策を立てていることが大前提となります。不安な気持ちでテストを受けたとしたら、まだ勉強が足りなかったということでしょう。

私の指導者としての役割は、今回のこの生徒が抱いた「自信」を何度も体感させ、その学習量がその子の中で当たり前の量として取り組めるようにエスコートすることだなと改めて認識しました。

今年の中学生も、なかなか頑張るじゃないか!応援するぜ!