中3生は、学力Cテストと2学期末テストを3週間後に控え、中学校生活で2番目にプレッシャーのかかる時期を迎えています。
(1番プレッシャーのかかる時期は、もちろん入試直前です。)

今週は、各学年に「決意の日」を実施し、私からの渾身のメッセージを伝えさせていただきました。

すでに決意を固めている中3生には…
「苦難や逆境の時が、1番君たちの力を引き出させてくれる。自分の力を信じて、ただ一点(目標)に集中してやり切ろう!」

これから自分との戦いに挑む中1中2生には、
「『できるかな…?』ではなく、『できるようにする!』と決めよう。」

生徒たちの潜在能力は無限です。
私の「指導者としての在り方」が、生徒たちに影響を与えます。
生徒たちの成長と成功を信じます!

今週は、すでにテスト対策のために中学生たちが自習室を活用しています。
午前授業だった日は、昼から「8時間耐久勉強マラソン」と称して自主的に勉強していた中2生もいました。
受験生でもないのに素晴らしい!
北野立志塾生が熱い!

明日は、中3生が道コンです。